img_02

血糖値を改善する食べ物

生活習慣が原因で上昇した血糖値を改善させるためには、食事を変えることが大切です。

体内でブドウ糖に変わる糖分が少なく、すい臓がインスリンの過剰分泌で疲れないような食べ物を食べると、血糖値は改善します。


玉ねぎは辛味成分である硫化プロピルが、ブドウ糖の代謝を促進する作用があるので、インスリンを大量に分泌しなくても良いです、硫化プロピルは生の玉ねぎに多く含まれています。
調理の時に刻んだりして細胞を潰すと辛味が抜けてしまうので、繊維を残しながらサラダ料理などに加えます。酢の主成分である酢酸酸は、クエン酸に変わることで体内の糖質をエネルギーとして消費するクエン酸サイクルをスムーズに行います。

インスリンの働きをサポートする栄養素には、クロムもあります。

鉄分やカリウムなどで有名なミネラルの一種で、アーモンドや玄米などに含まれています。

All Aboutの情報が必ずあります。

サプリメントとして販売されているビール酵母もクロムを含んでいます。

またゴボウやきのこ類のように食物繊維の多い食べ物は、糖質が吸収される速度を遅くすることで、食後に急激に血糖値が上がるのを改善します。

毎日血糖値を下げる食べ物だけを摂取すると、栄養バランスが偏るので炭水化物とタンパク質、脂質の3大栄養素は意識して摂取しなければなりません。



グァバ茶に含まれるグァバ葉ポリフェノールは、糖質が血液に取り込まれるのを遅くする働きがあり、飲み物であれば毎日無理なく摂取することができます。